お役立ち情報

外注費とは

What is outsourcing cost?

外注とは、会社の仕事の一部を外部に発注することです。

様々な事情で、社員を雇わずに仕事を外注している事業主は多いものの、外注費か給与かによって税務上の処理の仕方が変わってきます。

フリーランスから開業届を出して個人事業主になった人や、株式会社として新たに出発した人たちにとって、アウトソーシングをすることで様々な仕事をテンポよく進めていくことができます。

しかしながら外注費と給与の違いについて理解していないと、思わぬ税金の徴収に悩ませられることもあります。

外注費と給与の違い

仕事を外注する場合は、雇用契約を結ばないので、依頼する企業は社会保険に加入する必要はありません。

しかし、何でもかんでも外注費として処理していると、税務署から給与であると判断された場合に追加課税されることがあります。

ただ、外注費と給与の明確な線引きがないため、分かりにくいのが悩ましいろころです。

外注費とは

外注費とは、会社の業務の一部を委託する業務委託契約書や請負契約、もしくはこれに準ずる契約に基づき、外注先の企業や個人事業主が実現した業務への対価です。

源泉徴収は原則不要です。

給与とは

給与とは、雇用契約もしくはこれに準ずる契約に基づいて受ける対価です。

雇用主が従業員に支払う労働への報酬で、残業手当などの諸手当も含めた会社からのすべての報酬です。

アルバイトやパートなども対象となり、給与支給時に所得税の源泉徴収を行います。

源泉徴収が必要な業種

個人に仕事を依頼した対価として、外注費を支払っている事業主は、外注費を支払って終わりではなく、税金の徴収をしなければならない場合もあります。

外注費でも源泉徴収が必要な仕事は、弁護士や税理士などの特定の資格所有者への報酬、ライターなどの原稿料、イラスト、ホームページ制作、デザイン、ロゴ作成、図面、製図の作成、発送業務、入荷業務、加工などです。

一見、外注費で処理をしたほうが税金がまぬかれるように思われますが、本来は給与で処理すべきところを外注費で処理をしてしまうと、税務調査時に追徴課税になることもあります。

まとめ

事業主が外注費を支払うときには、税金などの取り決めがあるので注意が必要となってきます。

給与と外注費には線引きがないため、判断がつきにくいため、国税庁のホームページなどで一通り確認しておくことをおすすめします。

ただ、なんでも外注するとお得というものではないことを自覚し、事業主として必要な知識を身につけておきましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。