お役立ち情報

ホワイトペーパーを外注する際に知っておきたいこと

Things-to-know-before-outsourcing-whitepaper

ホワイトペーパーは「白書」と言われ、もともとは政府機関などが公式に発行する報告書を意味していました。

現在では、自社製品やサービスの紹介、役立つ情報、他社製品との比較などをまとめた資料のことを言います。

ホワイトペーパーの目的は、商品やサービスの購入を検討しているユーザーに、それぞれの商品やサービスについての正しい情報を得るためのノウハウを伝えることです。

多くはPDF形式のファイルで配信されています。

外注先を選ぶときに知っておきたいこと

ホワイトペーパーの目的のひとつに、ダウンロード時にユーザーに入力してもらう個人情報があります。

ユーザーがダウンロードした時点で、商品やサービスに興味を持っているということなので、スマートなアプローチをして商品購入につなげる必要があります。

自社にホワイトペーパーを作成する時間がない場合は、プロに外注するのが手っ取り早い方法ですが、費用ははいくらぐらいかかるものかも気になります。

ホワイトペーパーを外注する場合、1本あたり10〜30万円の費用がかかります。

ライティング力や編集力、デザイン力が社内にあれば自社で作成するのが理想ですが、何かと忙しく手が回らない時は外注をおすすめします。

外注する場合は後悔しないように、前もって制作の進め方と納品方法を確認しておきましょう。

制作方法は、一般に骨子作りから始まり、ライティング、 レイアウト決め、デザイン制作の順で進められます。

依頼先によっては最終的に仕上がった段階で納本されることもあり、イメージと違った成果物になってしまうこともあるので、丸投げは禁物です。

ホワイトペーパーを外注する費用

外注先を選ぶときは、何を重視するかを決めましょう。

①クォリティ重視

企画力、デザイン、キャッチコピーなどの品質の高さを重視する企業向け(1本15万円~)

②スピード重視

発注してから納品までが短期間を希望する企業向け(1本15万円~)

③労力重視

制作前から制作後までの、自社の負担が少ないことを望む企業向け(1本25万円~)

④費用重視

発注する料金を出来る限り抑えたい企業向け(1本10万円~)

ホワイトペーパーの構成について

自社で作成しない場合もホワイトペーパーの構成について知っておくと、役立ちます。

まず、読んでもらうターゲット層を決めて、印象的なタイトルを考えます。

①内容の要約とともに、内容の一部を紹介して読者の興味を引きます。

②問題提起をし、共感を呼ぶ内容を書きます。

③論理的かつ現実味を帯びた内容であることもポイントです。

④自社製品やサービスを紹介します。

⑤結論を書きます。

外注する際は、構成に関しても上記のようなマニュアル的なものを出しておく方が、ブレない仕事をしてもらえます。

まとめ

ホワイトペーパーは、簡単なようで自社で製作するにはかなりのスキルを必要とします。

予算があまりとれない場合は、クラウドソーシングなどを通して依頼すると10万円前後でできあがります。

ただし、ブレない仕事をしてもらうには、適切な指示や希望を伝えておくことが大事です。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。