お役立ち情報

オウンドメディアを外注する前に知っておきたいこと

Things-to-know-before-outsourcing-owned-media

オウンドメディアとは「自社で保有するメディア」のことです。

ざっくりといえば、自社で運営するブログのようなサイトのことを言います。

オウンドメディアを立ち上げる目的は、製品やサービスを認知してもらうためや、企業の製品やサービスを好意的にみてもらうためです。

近年、オウンドメディアを提案するウェブ制作会社や広告代理店は増えていていますが、価格は10万円から100万円とずい分幅があります。

オウンドメディアを外注する前に知っておきたいことをお伝えします。

トリプルメディアとは

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアを合わせて、トリプルメディアと呼ばれています。

オウンドメディアとは、自社が所有するメディアで、ペイドメディアは広告費を払うメディア、アーンドメディアは、SNSなど自然拡散するメディアのことです。

どれも耳にしたことがあるかと思いますが、従来のように広告中心のペイドメディアだけでは幅広くユーザーを獲得できにくくなってきたこともあり、この3つのメディアをバランス良く発信する企業が多くなってきました。

中でも注目されているのが、自社が所有するオウンドメディアです。

なぜ今オウンドメディアが注目されているのか

近年、ユーザーは、広告をクリックしなくなっている傾向があります。

そこで、企業はリスティング広告の予算を抑えて、自然検索からの流入を増やすために投資をしています。

その一つがオウンドメディアです。

ユーザーは、身近な人のブログを見る感覚で、興味がある記事を検索して良質な内容の記事が載っている広告にたどり着き、共感して商品やサービスを購入する形をとるようになりました。

オウンドメディアはゆるやかな広告といえます。

オウンドメディアは外注することができるの

オウンドメディアはウェブ制作会社や広告代理店を通じて外注することができ、予算もる幅広いため検討しる余地があります。
また、自社でオウンドメディアを立ち上げたものの、本来の業務が忙しく記事の更新が行き詰っている企業も多いようです。

そんな場合は、オウンドメディアの質を上げるために、高品質な記事が書けるウエブライターにコンテンツ記事の依頼をすることです。

商品やサービスだけでなく、ニュース性の高いコンテンツ記事を外注することで、集客率が上がります。

広告一辺倒でなく、アピールする商品やサービスがそれとなく頭の隅に残る様な記事が後々の商品の購入やサービスの導入につながります。

まとめ

事前調査からCMSのカスタマイズまで行ってくれる制作会社に任せることが一番手っ取り早く効果的です。

しかし、予算がとれない場合は、クラウドソーシングなどを利用して質の高いウエブライターとウエブデザイナーの手を借りてオリジナルなオウンドメディアを手値上げる方法もあります。

企業の好みや予算によって外注方法を選びましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。