お役立ち情報

フリーランスとの取引にも発注書は必要

発注書

発注書とは

発注書とは製品や商品、サービスなどを発注する際に必要な書類です。

企業間の取引だけでなく、フリーランスや個人事業主との取引にも必要です。

実際には口頭での取り交わしも多々ありますが、下請法違反や後々の契約トラブルを防ぐためにも、発注書は必ず取り交わしておくことをお勧めします。

下請法についてフリーランスをはじめ、下請け業者との取引時に気をつけておきたい下請法。誰のために作られて、誰が対象なのかを明確化し、もし自社が下請法の対象となる場合、何に注意すべきかを理解しましょう。...

発注書の目的や役割

発注書を残す最大の目的は発注内容を明確化し、書面に残すことでその後の契約トラブルをなくすことです。

あとから「こんなこと聞いてなかった」、「こんなこと依頼した覚えはない」などのミスコミュニケーションから起こる納品後のトラブルにならないためにも、発注書は重要な役割を担ってくれます。

発注書作成時の必要項目

発注書を作成する際には下記の項目は必ず盛り込みましょう。

発注書の記載すべき項目は以下のとおりです。

  • 宛名:発注先の宛名を記載しましょう。
  • 発注元:発注元の社名、住所、担当者名も記載しましょう。
  • 発注日:いつの発注なのかを明記しましょう。
  • 明細:発注内容の明細は可能な限り、わかりやすい内容で記載しましょう。
  • 消費税:税込・税別の認識違いを防ぐため、税別・税込それぞれの項目を設けましょう。
  • 納期:トラブルにならないよう、納期は事前に発注先に確認のもと設定しましょう。
  • 備考(注意書き):明細に書ききれなかった内容を記載しましょう。

発注書

発注書は7年間保存が必要

発注書は法令により一定の保存期間が定められています。

法人は、帳簿を備え付けてその取引を記録するとともに、その帳簿と取引等に関して作成又は受領した書類(以下「書類」といい、帳簿と併せて「帳簿書類」といいます。)を、その事業年度の確定申告書の提出期限の翌日から7年間保存しなければなりません。

参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5930.htm

発注書が自動生成できるツール

impro<インプロ>は業務委託基本契約書から発注書、請求書が自動生成できるフリーランスマネジメントシステムです。

今回ご紹介した発注書にもいろいろなルールがありますが、Excelなどで作成する必要もなく、入力項目から発注書を自動生成してくれます。

取引に関わる書類の制作時間やその後の管理時間を省き、本業に集中できる環境をご提供します。

IT導入補助金など、うまく活用いただき、経営効率化を図りましょう。

ithojo
IT導入補助金2020について 2020年度のIT導入補助金の対象ツールとしてimpro<インプロ>が認定されました。 IT導入補助金とは IT導入補助金...
お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。