お役立ち情報

電話対応を外注する

Outsource-phone-support

個人事業主として起業したり、法人を立ち上げたばかりの人たちにとって、軌道に乗るまでは、スタッフの確保もなかなかできないものです。

最低限の人数ですべてを回すには、かなり厳しい状態ではないでしょうか?

そんな中で、電話対応はついおろそかになりがちです。

せっかく問い合わせの電話がかかってきても、留守番電話ばかりだとチャンスも逃してしまいかねません。

こんな状態を少しでも早く回避するには、電話対応を外注することです。

電話代行サービスについて

電話代行サービスは、自社の電話窓口をアウトソーシングするサービスです。

電話代行を外注しておけば、代行会社のスタッフが必ず電話を受けとるため、スマホばかり気にすることなく、今やらなければいけないことに集中できます。

電話代行サービスが用件を聞き、担当者への連絡を約束することで、企業の信頼感が増します。

事務所に電話対応スタッフを雇用すると、電話代行サービスを外注するよりもコストがかかります。

電話代行サービスでは、電話応対のスキルがある専任スタッフが、依頼先の企業のスタッフとして電話対応をしますが、アルバイトとして電話番のスタッフを雇用するよりも、低コストになります。

アルバイトの雇用と電話代行サービスを利用する場合の価格について

自社で電話番としてアルバイトを雇う場合は、週5日勤務で約12万円くらいで、そこに労災保険や雇用保険がかかります。

電話代行サービスを利用するるの場合は、約5万円くらいから対応してもらえます。

幅広い電話代行サービス

電話代行サービスの幅は広く、マーケティングリサーチや、クレーム対応などにも対応してもらえます。

その他にも、お客様からの自社商品やサービスに関しての問い合わせ対応も可能です。
プラスαの用件を依頼する場合は、事前の相談や打合せが必要になります。

電話代行サービスを利用するデメリットは?

企業の中でも専門性が強い業種や、1つの問い合わせに対して受け答えパターンが何通りもある業種だとオペレーターが対応しきれない場合もあります。

担当者が折り返し電話をすると伝えても、電話に出たオペレーターが社員と思って矢継ぎ早に用件を伝えてくることもあります。

そんな時、オペレーターが戸惑ってしまうと、電話をかけてきた人は「要領を得ない人だなぁ」と思ってしまう可能性もあります。

まとめ

現代人は往々にしてせっかちです。

急ぐ用件に対しては、まず相手先の事務所に電話をすることが多いようです。

そんな時つながらないとイライラして、依頼しようと思っていた案件を他の会社に切り替えることもあり得ます。

電話代行サービスを利用すると、とにかく事務所につながりります。

そこで適切な対応をしてもらえると、お客様は一安心して、担当者からの連絡が待てます。

せっかくの仕事のチャンスを逃さないためにも、電話代行サービスを上手に利用したいものです。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。