お役立ち情報

マーケティングの重要性

marketing

商品を顧客に販売する際、店頭に置いているだけでは売れません。

顧客が購入したくなるような商品を作るためには、顧客の性別、年代、地域などを分類して、適切なターゲットに向けて発信していくことが大切です。

近年では、フリーランスのマーケターと契約している企業もあり、マーケティングの重要性がより高まってきています。

マーケティングとは

マーケティングとは、「顧客の求める商品やサービスを作り、顧客に向けて発信することで、商品の価値を効果的に得られるようにする」といった内容です。

マネジメント論で有名な経営学者のピーター・ドラッカーは「マーケティングとは経営全体のことである」と述べているように、企業が行う営業活動の核となる部分として考えられています。

マーケティングの種類

マーケティング活動を行うために、様々な種類や手法があります。

商品やサービスの制作から顧客に販売するまでの流れの中で、大きく分けて3つのマーケティングがあります。

●リアルマーケティング

顧客の声を聞くために、街頭でサンプルの配布や集客イベントを行う手法です。

顧客に商品を覚えてもらうだけでなく、実際に使用してもらい改善するべき点が分かることができます。

顧客の年代や性別などのターゲットを絞ることで効果的な情報を得ることができます。

●顧客分析

企業が所有している顧客のデータを利用して、どのようなターゲット層に向けて販売するかを明確に分析する手法です。

商品をいつ購入したか、どのくらいの頻度で購入したか、購入金額はいくらか、といったグループに分けて、それぞれの性質を分析するような方法もあります。

●デジタルマーケティング

インターネットやメールを活用した手法です。

PCの普及率に合わせてオンラインでの買い物が増加しており、店頭での営業やマス広告だけでは消費に繋がらなくなってきました。

顧客の閲覧ページの動向や販売データを基にして、AIを活用したマーケティングも登場しています。

マーケティング戦略と経営戦略の違い

利益アップに結びつく営業活動を行うためにマーケティング戦略は重要ですが、経営戦略との違いを理解しておかなければ、効率的な営業活動は行えません。

経営戦略とは、自社の強みを活かしてビジネスの展開を広げていく考え方です。

1つ商品でもメーカーの異なるものや金額の異なるものなど様々ですが、生き残りをかけた企業としては、他社との差別化をアピールして営業活動を行う必要性があります。

マーケティング戦略と似ている部分が多いですが、だれに対してどのような商品を提供していくかということに重きを置いているのがマーケティング戦略と言えます。

まとめ

商品の制作や販売を行う上でマーケティング活動が重要になってきますが、外部のマーケティングコンサルタントと契約している企業も多いようです。

短期間の成果を目的とするのであれば、マーケティングの専門家に依頼するのが最も効率的な方法です。

求人もWEBマーケティングができる人材が注目されてきていますが、知識と実績が豊富なフリーランスは事業活動が有利に進めることができるでしょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。