お役立ち情報

フリーランス向けの管理サービスについて

freelance-management

フリーランスは、職種によっても違いますが収入の不安定さと、雑務の多さが悩みの種です。

企業とフリーランス双方にメリットがあるフリーランスマネジメントシステムやフリーランス向けの管理サービスの利用によって、それらを解決できます。

フリーランスマネジメントとは

企業側もフリーランサーも管理サービスを上手に使うことによって、効率的に仕事がはかどります。

企業側から見るフリーランスマネジメント

「フリーランスマネジメント」とは、企業側から見て「フリーランス」を「マネジメントする」という考え方です。

企業からフリーランスに仕事を発注する場合、契約、タスク管理、請求書管理、支払いなどの様々な業務が発生します。

それは、複数のフリーランスと契約する場合に、大きなコストになります。

そんな業務をまとめて一元管理できるツールを取り入れてフリーランスをマネジメントしる方法を取り入れる企業が増えつつあります。

フリーランスマネジメントシステムは、外注先や業務委託先といった外部のフリーランスとのやりとりの全てを一元管理できるシステムです。

フリーランスマネジメントシステムについて少しずつ認知されてきたフリーランスマネジメントシステムですが、実際にどのような企業や取引内容に向いているのか、どんなメリットがあるのかを紹介している情報は少ないです。今回はフリーランスマネジメントシステムの詳細とそのメリットについてご紹介します。...

フリーランスから見るメリット

フリーランスマネジメントシステムは、企業だけでなくフリーランスにもメリットがあります。

これまで、企業からフリーランスに業務を発注する場合、発注主だけがフリーランスの個々の能力やスキルを把握していた状態でした。

各担当者間でフリーランスのスキルが共有されていなかったので、継続して同じ人に仕事を依頼する機会が少なかったようです。

しかし、フリーランスマネジメントシステムの導入によって、意向にそったフリーランスに継続して外注することが多くなりました。

フリーランスにとっては、継続して仕事があれば安定した収入が望めるため、大きなメリットといえます。

フリーランス向けの管理サービスについて

フリーランス向けの事務代行型とも言われる管理サービスを利用すると、あらゆる事務系業務を代行してもらえます。

保険などの福利厚生もついているので、フリーランスは本来の仕事に専念できます。

アメリカでは、フリーランスが労働人口の約3割といわれていますが、日本でもフリーランスが一千万人を超えています。

そんな中で、フリーランスには、事務が苦手という人多いようです。

この部分をアウトソーシングすると、お金はかかりますがストレスなく仕事に専念できます。

また、ツールを活用することで事務処理にかかる時間を短縮することができます。

ツールの活用

次のようなツールを活用すると、スムーズに事務処理ができます。

  • 会計ソフトfreee 月額1,980円
  • やよいの青色申告オンライン セルフプランは年額8,640円
  • MFクラウド ベーシックプランで月額800円、年額なら8,800円
  • クラウド請求管理サービスMisoca月間15通までなら年額8,000円

まとめ

フリーランスは、自分の働き方を自由に決めることができますが、一番のネックは収入が不安定なことです。

企業とフリーランス双方にメリットがあるフリーランスマネジメントの活用によって、フリーランスも安定した収入が望めます。

また、フリーランスは事務系の雑用に悩まされることが多いのですが、フリーランス向けの事務管理サービスを利用すると本来の仕事に専念できます。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。