お役立ち情報

派遣契約と業務委託(外部委託)の違い

Difference-between-dispatch-contract-and-business-outsourcing

企業内で人手不足の際に派遣契約や業務委託(外部委託)をすることで、すぐに必要な人材を確保できます。

派遣契約と業務委託(外部委託)は同じような業務契約に思われますが、企業側が結ぶ契約が違います。

派遣の場合は「労働者派遣契約」を結び、業務委託(外部委託)の場合は「業務委託契約」を結びます。

それぞれ、メリットもデメリットもあるので、企業が利用する際は目的にあった形態を選びましょう。

業務形態について

外部業務は、「派遣契約」と「業務委託契約」に分かれますが、業務委託契約はさらに「請負契約」と「委任・準委任契約」に分かれます。

派遣契約の形態

派遣契約とは、派遣会社と労働者が雇用契約を結び、派遣先の企業で就業することをいいます。

社員やアルバイトは、雇用契約を結ぶ企業と働き先は同じですが、派遣は派遣会社と契約を結び、派遣
先の企業で仕事をするといった形態になります。

給与は派遣会社から受けとり、福利厚生も派遣会社のものが適用されます。

仕事の指示は、派遣先の企業の担当者から指示されます。

業務委託契約の形態

業務委託とは、自社業務を外部に委託する契約です。

仕事を任せる側と引き受ける側は雇用関係を結ばず、対等な立場で依頼を受けます。

派遣のメリットとデメリット

社会保険や雇用保険関連や、給与計算については派遣会社が処理するため、企業はこれらの業務をおこなう必要がありません。

また、決算や年末処理など毎年おこなう業務に企業が派遣労働者を雇用することで、社員が本業に専念できるのがメリットと言えます。

デメリットとしては、勤務期間が短かったり勤務期間が決まっていると、「愛社精神的なもの」は育ちにくく、正社員とのコミュニケーションもとりにくいことです。

業務委託(外部委託)のメリットとデメリット

長年の経験や知識が必要とされる専門分野の業務をプロに委託することで、 社員が業務に専念できるのはメリットといえます。

デメリットは、当然のことながら業務委託の受託者は企業の社員でないため、企業全体の底上げとはならないわけです。

また、優秀なプロに仕事を委託すると、かなりの経費がかかることもデメリットといえます。

まとめ

企業が人手がたりない時は、派遣契約をすることで必要とする専門分野の人材をすぐにでも確保することができます。

特に、個人事業主から法人などになった場合は、やることが多すぎて本業がおろそかになりがちです。

とりあえず派遣の力を借りてスタートを切ることで、事業を軌道に乗せることができます。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。