お役立ち情報

顧問サービスとは

advisor-service

顧問サービスとは

「顧問」と聞くと、企業の社長や会長が退任した後に就くポジションというイメージが強くあると思います。

それだけに顧問という立場を雇うことで高額な費用が発生してしまうデメリットがありましたが、費用を抑えて外部から顧問を派遣してもらう新たなサービスが充実しています。

顧問サービスとは、新規事業や経営課題のアドバイスが欲しい時に顧問を雇うことができる画期的なサービスです。

経営コンサルタントとは違い、経験値が高い顧問からアドバイスをもらえたり、厳しい指導をしてもらえたりするサービスを活用している経営者が増えています。

顧問サービスを活用するためには?

顧問サービスを活用するだけで、企業経営が安定したり事業成長が見込めたりするわけではありません。

メリットとデメリットを理解した上で、自社とマッチングする顧問サービスを受けることが大切です。

顧問サービスのメリット

①経験値の高さから適格なアドバイスを受けることができる

新規事業や課題解決などの強化したい分野において、顧問を配置することで豊富な経験からスピード感がある仕事が行うことができます。

第三者という立場からも、自社では気づかない改善点の指摘もしてもらえます。

②豊富な人脈からトラブル解決などのリスクを防ぐことができる

トラブルの一番早い解決は、上席者が責任を持って解決に取り組むことです。

顧問の実績がある方は豊富な人脈を形成されているので、トラブル解決も早く対応してもらえます。

③社内の人材育成が効率的に行える

経営者や役員が自ら社員教育を行うことは、日々のスケジュールを考えると難しいとされています。

仕事ができる顧問に人材育成をまかせることで、仕事の分業化ができるので人材育成にも力を入れることができます。

顧問サービスのデメリット

①顧問を活用しなければ、費用が無駄になる

成果をあげることで支払われる顧問サービスですが、顧問の活用を積極的にしなければサービスの意味がありません。

費用対効果を考えて、サービスの提供を受けるかどうかを検討した方が良いです。

②顧問選定が合わないと意味がない

当たり前ですが、専門性が違う顧問サービスを受けても成果を出すことはできません。

自社が求める人物を明確にしなければ、ミスマッチの確率が高くなってしまいます。

まとめ

中小企業や事業を始めたばかりの企業は、知識や経験値の低さから失敗をしてしまうケースが多いです。

そういったリスクを軽減する方法として、顧問サービスを積極的に活用している経営者は増えています。

顧問サービスの仲介業者も数多くあるので、活性化の手段として検討してはどうでしょうか。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。