フリーランス

フリーランスカメラマンとして働くために

work-as-freelance-photographer

カメラマンの勤務先は新聞社や雑誌社、出版会社、広告代理店などですが、組織に属さず、フリーで活躍している人も多い業種です。

フリーのカメラマンの年収は、トップクラスだと億単位とも言われていますが、仕事が取れないフリーのカメラマンだと、年収が300万円に満たない人が多いようです。

フリーランスカメラマンと会社員のカメラマンの収入の比較

大企業に勤務するカメラマンの平均年収が500万円くらいで、フリーランスのカメラマンの平均年収が300万円位と言われています。

フリーのカメラマンの場合、年収数千万円クラスのカメラマンから100万円にも満たない人の平均なので、実際には手取りが300万円に満たない人がほとんどといえます。

フリーランスのカメラマンは、かなり厳しいといえます。

フリーランスのカメラマンは年収目標を掲げよう

現代では、昔のように有名なプロのカメラマンについて何年も修行して、世に出るカメラマンは少なくなりました。

IT化が進むと同時に、カメラの機能もよくなったため、素人に近い人でも売れっ子カメラマンになれるチャンスが増えました。

フリーのカメラマンが、フェイスブックなどで作品を拡散することで、独自の作風に人気がでて、数年で1千万越えの売れっ子カメラマンになった人もいるようです。

photographer

収入だけが目的でフリーランスのカメラマンになる人は少なく、それぞれロマンをもって選んだ道なので、一概に企業に勤務するカメラマンと比較するのは無意味なことです。

しかし、せっかく独立したのなら、今は年収100万円だったとしても、とりあえずカメラマンとして企業に勤めている人の年収500万円を目標として掲げることで、モチベーションアップにつながります。

フリーランスのカメラマンが求められるものは?

写真撮影ももちろん、最近では動画制作から編集までできることが、フリーランスのカメラマン条件となりつつあるようです。

商業目的のカメラマンは何でもこなせるIT関係にも強い人の需要が高く、芸術性を求められるカメラマンの仕事は限られてきているようです。

芸術目的の場合は、やはり有名な写真家のアシスタントとして、ノウハウを学ぶことが必要かもしれません。

ただし、アシスタントカメラマンの場合は月収が15万円前後といった額が多いようです。

ちなみにカメラマンは、広告、出版カメラマン、報道カメラマン、スポーツカメラマン、水中カメラマン、スタジオカメラマン、芸術カメラマンなどの種別に分けられますが、自分の得意な分野を定めるのも成功するコツといえます。

photographer2

まとめ

もともとカメラマンとしての仕事経験がない人がフリーランスのカメラマンになるには、専門の学校に通うか、有名なカメラマンのアシスタントや助手として何年間か働き実力を付けて、独立していく人が今も多いようです。

しかし、日々の生活費の不足を補うためには、何らかの方法で収入を得る必要があります。

写真を買い取ってくれるサイトなどもあるので、ネットで調べてカメラマンのスキルアップにつながるような副業を見つけましょう。

そして、大企業に勤務するカメラマンの平均年収500万円に近づき、追い越す日を目標にしましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。