フリーランス

仕事とプライベートの切り替え方

work-and-private

仕事とプライベートを充実したものにするためには、切り替えが大切になります。

切り替えが上手に行える人は、趣味があってコミュニケーション能力も高い人に思われがちですが、大事なことは気持ちです。

在宅勤務をしている人も増えている中で、ライフワークバランスの重要性がより高まってきています。

上手な切り替え方

仕事によってプライベートの時間は様々ですが、切り替え方だけを理解していればすぐに実践できるような内容が多いです。

ポイントごとに切り替え方を紹介していきます。

まずは健康第一

いくらプライベートを楽しむといっても健康でなくては充実した時間を過ごすことはできません。

生活習慣の見直しを行い、健康な状態を保つことでプライベートを楽しむ体力がついてきます。

健康について意識することも趣味の1つになるかもしれません。

好きなことを見つける

趣味がある人は休みの日に予定を入れて好きなことを楽しむことができますが、趣味がない人は何をすればいいのかわかりません。

休みの日はゆっくり寝たいという人もいると思いますが、少し外出するだけで意外と簡単に好きなことが見つけられるかもしれません。

好きなものを食べに行くことも、仕事への活力に繋がります。

予定を立ててスケジュールを管理する

1日をなんとなく過ごしていても、充実感は満たされません。

何をしようかスケジュールを立てるだけで、メリハリのついた休日になります。

タイムマネジメントは仕事にも有効なので、集中力アップに繋がります。

休みの日は仕事のことを考えない

やらなければならない仕事を残してしまうと、休みの日にも気になってしまいます。

「この仕事は休み明けにしよう」といった仕事の振り分けができると、上手に切り替えができるコツをつかむことができます。

休みの日は仕事の電話を取らないといったことをしている人もいるようです。

身の回りをキレイにする

職場のデスク周りや家の中が散らかっていると、切り替えに悪影響が出てしまいます。

視界からも様々な情報が入ってくるので、エネルギーの消費にも繋がります。

身の回りをキレイにすることで、仕事もプライベートもリラックスした状態で過ごすことができるようになります。

切り替えは最小限に

仕事とプライベートの切り替えは、集中力やモチベーションのアップに繋がるので良いことですが、やりすぎてしまうと逆に疲れてしまうことになります。

無理にプライベートを充実したものにしなければいけないと考えることも、気持ちの余裕が無くなってしまい逆効果になります。

オンとオフの切り替えができるから良いのではなく、プライベートが充実しているから自然と切り替えができると考えた方がよいでしょう。

まとめ

プライベートに楽しみがあるから仕事が頑張れるという人もいれば、仕事が楽しくてプライベートでも何かヒントを見つけているといった人もいるので、考え方は様々あります。

気持ちの面で疲労が溜まるとネガティブなイメージや考え方になってしまうので、仕事にも悪影響を及ぼしてしまいます。

難しいことは考えずに、自分らしさを意識すると自然と切り替えができるようになるのかもしれません。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。