フリーランス

フリーランスの種類

types-of-freelances

フリーランスとは企業に属さず、一人で仕事をする人のことをいいます。

職種は20種類以上とも、細かく分けると30種類以上とも言われます。

現在、約50人に1人がフリーランスとして働いており、需要も高まっています。

この記事では、フリーランスにはどんな種類があるのかをお伝えします。

フリーランスにはどんな仕事があるの?

フリーランスは大きく分けるとエンジニア系、クリエイティブ系、ライター系の3つに分かれます。

エンジニア系では、システムエンジニア(SE)、サーバーエンジニア、インフラエンジニア、フロントエンジニア、プロジェクトマネージャーなどがあります。

クリエイティブ系では、、ウエブデザイナー、グラフィックデザイナー、ロゴデザイナー、イラストレーター、カメラマン、音楽家などがあります。

ライター系では、編集、翻訳、コピーライター、ウエブライター新聞記者などがあります。

エンジニア系の仕事について

フリーランスの中でも、最も収入が多いのがエンジニア系です。

フリーランスエンジニアの働き方は、クライアントの会社に週に何回か出向き仕事をするタイプと、リモートワークで仕事をするタイプがあります。

ほとんどのIT関係のフリーランスは、両方を取り入れているようです。

求められるスキルは、アプリケーション設計、プログラミング言語、コミュニケーション能力などです。

income-freelance-engineer
フリーランスエンジニアの年収はどのくらい? IT系のフリーランスの中には、エンジニアの他にもプログラマーやITコンサルタントなどの職業がありますが、IT系の平均年収は約500万円...

デザイナー系の仕事について

例えば、Webデザイナーは、企業や自治体、個人などのクライアントから依頼されたWebサイト制作のデザインの仕事がメインになります。

クライアントの要望にそってレイアウトを考え、デザインを作りコーディングします。

ウエブデザイナーの仕事は、専門性が求められ、デザインセンスが必要です。

work-as-freelance-designer
フリーランスデザイナーの仕事で稼ぐために 今や、憧れの仕事のひとつがフリーランスデザイナーです。 会社に属さないため人間関係に悩むことは少なくなりますが、コミュニケーショ...

ライター系の仕事について

ウエブライターの仕事は、翻訳や専門分野の仕事は資格が必要ですが、一般的なライティングの仕事は、ある程度の国語力、文章校正能力、論理的思考力が必要ですが、特に資格はいりません。

work-as-freelance-writer
フリーライターとして働くには フリーライターとは、文章を書いて収入を得る仕事全般を言います。 ライターの仕事は、コラムニスト、エッセイスト、小説家、脚本家、翻...

まとめ

フリーランスには様々な職種があり、専門性の高い仕事は高単価になりますが、スキルが必要です。

今まで就いてきた職種や持っている資格を活かしながら仕事をしつつ、勉強を重ねることで、様々なジャンルの仕事にもチャレンジできます。

Webライターがカメラの知識を身につけてルポライターとして活躍したり、Webデザイナーがアプリ開発をおこなってヒットした例もあります。

フリーランスの醍醐味は、自分をプロデュ―スできることです。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。