フリーランス

フリーランスも知っておきたいインボイス制度

invoice-system

インボイス制度(適格請求書等保存方式)は、2023年(令和5年)10月1日からの導入が予定されている制度で、フリーランス(個人事業者)にも関係してくる制度です。

消費税を税務署へ納めるのは「課税事業者」のため、フリーランス(個人事業者)には直接影響がないようにも思えるかも知れません。

しかし、課税事業者と取引をおこなっている場合は少なからず影響が出ると予想されます。

invoicesystem

免税事業者のフリーランス(個人事業者)は今後どうなるの?

「免税事業者」とは、前々事業年度の課税売上高が1,000万円以下の事業者のことです。

また、事業開始から2年未満も含みます。

現行では、対象者は消費税を納税しなくてもよいとされていましたが、インボイス制度の導入後は、免税事業者のままで事業を続けるのは難しくなりそうです。

対応策は?

インボイス(適格請求書)制度が導入されると、「課税事業者」の発行した「インボイス」のみが法的に有効で、1,000万円以下の免税事業者は消費税控除の対象となりません。

フリーランスや個人事業主を含む免税事業者は、あえて課税事業者になりインボイス(適格請求書)の発行事業者の登録番号をもらうことをおすすめします。

そもそもなぜインボイス(適格請求書)制度が導入されるの?

増税の負担を減らそうと軽減税率が導入され、8%と10%と税率が2つになったことが、インボイス(適格請求書)制度を取り入れることになった原因です。

この制度は海外ではずいぶん前から取り入れられているようですが、日本ではなじみがなく、課税事業者以外ではそれほど興味がなさそうです。

しかし、最近ではネット上でアルバイト的に在宅の仕事をする人も増えたので、他人事ではありません。

免税事業者のフリーランスのピンチ!

課税売上高が1,000万円未満の免税事業者は、課税事業者と取引を行う場合に、今までは取引先は仕入税額控除ができていたのが、インボイス(適格請求書)が始まると、余分な消費税を払う必要が出てきます。

取引先が儲けが少なくなるため、免税事業者のフリーランス(個人事業者)との取引を控える可能性もあります。

invoicesystem2

まとめ

今の時点では、フリーランスは概ね課税事業者になる手続きをスムーズにおこなった方が良いと考えられますが、今後の情勢によっては何とも言えません。

インボイス(適格請求書)発行事業者課登録の申請期間は、令和3年(2021年)10月1日~令和5年(2023年)3月31日までなので、ネットで調べたり、セミナーに参加するなどして疑問点をクリアにしておきましょう。

いずれにしてもフリーランスで仕事をしていくには、税制上の制度について、ある程度の知識が必要です。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。