フリーランス

フリーランスエンジニアの年収はどのくらい?

income-freelance-engineer

IT系のフリーランスの中には、エンジニアの他にもプログラマーやITコンサルタントなどの職業がありますが、IT系の平均年収は約500万円~600万円くらいと、フリーランスの中でも比較的高収入です。

フリーランスエンジニアの働き方といえば、クラウドソーシングなどで受注した仕事を在宅でおこない、クライアントに納品するといったイメージですが、近年常駐型のフリーランスエンジニアが増えています。

この記事ではフリーランスエンジニアの働き方を選択した際に、コンスタントに高収入を得るにはどんなことに気をつければよいかをお伝えします。

フリーランスエンジニアがコンスタントに稼ぐには

フリーランスエンジニアがコンスタントに年収を得るには、クラウドソーシングなどを通して個人でできる在宅型の仕事をいくつか持ちながら、企業と業務提携して常駐型のフリーランスエンジニアとして働くことです。

会社を辞める理由は人それぞれですが、よほどの貯えがない限り、遊び感覚で仕事をするわけにはいきません。

会社員時代と比べ、上司や同僚に気を使うことはなくなりますが、相談する人や頼れる人もなくなり、慣れるまでは孤独な仕事が続きます。

何よりも一番怖いのが思っていたほど稼げず「辞めなければよかった」とか「この仕事の今後の需要は大丈夫なのか」などネガティブになっていくことです。

そんな状況を避けるためにも、フリーランスエンジニアとして在宅型の常駐型の仕事との「二足の草鞋」を履き、年収を安定させることをおすすめします。

engineer

フリーランスエンジニアの今後の需要は?

フリーランスエンジニアの需要はありますが、企業が求めているのは即戦力が期待できる高度なIT技術を持った人材です。

企業側はそのような優れた人材を正社員として途中採用すると、月々の給与やボーナスもそれ相当の額を払わなければなりません。

そこで、大きなプロジエクトを立ち上げた場合、短期間で契約が結べる高度なIT技術を持つフリーランスエンジニアを雇いたいわけです。

IT市場は拡大していますが、求められるIT技術は高度で、それについていけない、フリーランスエンジニアも増えているのが現実なのです。

今後、フリーランスエンジニアが企業の需要に応じるためには、より高度なスキルアップが必要となります。

engineer 2

まとめ

実力のあるフリーランスエンジニアが、クラウドソーシングなどで安価な受注をいったん受けてしまうと、単価交渉がしづらくなります。

在宅でフリーランスエンジニアとして稼ぐ場合は、実績をアピールして、自分自身をブランド化する必要があります。

一方、フリーランスエンジニアが会社に常駐して収入を得る常駐型は、自分で営業したり、ネット上で仕事を探す手間もいらず、仕事のみに集中できます。

実力のあるフリーランスエンジニアなら月収100万円も夢ではありませんが、企業の都合で早々と契約が解消されることもあります。

そんなことも考えて、時代のニーズにあったスキルを身につけながら在宅型と常駐型の仕事を上手に組み合わせて、理想の年収を確保しましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。