フリーランス

フリーランスの融資について

フリーランス(個人事業主)が活躍するには、店舗や事務所が必要となり、場合によっては機材の購入費用もかかります。

自己資金だけで賄えない場合は、融資を検討しなければならないこともあります。

そんな時に、どんな融資を利用すればよいのか迷ってしまいます。

この記事では、個人事業主が受けられる融資の選択肢についてお伝えします。

フリーランス(個人事業主)と融資制度について

個人事業主の中には、開業届を出さずにフリーランスとして事業をスタートしている方も多いでしょうが、融資を用する際は開業届を提出しておく必要があります。

開業届とは、新たに事業を開始したことを申告するための届出です。

借り入れを検討している方は、融資を申し込む前に提出することをおすすめします。

フリーランス(個人事業主)と融資制度については、次ぎのような利用期間があります。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は政府が100%出資をする金融機関で、個人事業主や中小企業を対象に様々な融資制度を提供しています。

金利が低めに設定されており、返済期間は5年以上からの選択となります。

メリットがある反面、融資審査は厳しく、申し込んですぐに融資がスターとするわけではありません。

信用金庫

信用金庫の主な取引先は、中小企業や個人を対象としており、日本政策金融公庫に比べると金利が高く設定されています。

銀行

銀行は融資審査のための資料をもとに、融資可能かどうかを検討し、金利、融資額などを決定します。

その他にも、都道府県名や市区町村名に融資といったキーワードをプラスしてネットで検索すると、独自の融資方法を調べることができます。

クラウドファンディングの利用

融資とは少し違うかもしれませんが、クラウドファンディングも資金調達の方法としては有効です。
クラウドファンディングとは、クラウドファンディングサイトに登録してWEB上で自分の夢や、やりたいことを発信して共感を得ることで、不特定多数の支援者から少しずつ出資を受ける資金調達方法です。
クラウドファンディングにも様々な種類があり、社会貢献を目的としたプロジェクトや新商品やサービスへの賛同を募るものなどがあります。

まとめ

融資を受ける方法は様々ですが、いずれにしても事前に準備することや知っておきたいことが多くあります。
まずはどれだけの資金が必要か、どのような形で融資を受けたいかや返済方法についてなどを明確にしておくことが大事です。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。