フリーランス

クラウドワークスの活用方法

crowdworks

会社に通勤しない自由な働き方として、クラウドソーシングが有名になってきました。

クラウドワークスでは、2011年から新しいワークスタイルとしてオンライン上で依頼主と雇用関係を締結できるサービスの提供をしています。

クラウドワークスといえば、フリーランスや専業主婦の在宅勤務として活用している人が多いイメージがありますが、会社員の方も副業として活用されている人が増えてきています。

クラウドワークスの仕事内容

クラウドワークスの仕事内容は、データ入力の仕事やジャンル別のライティング案件まで様々ありますが、単純な作業内容が多いです。

データ入力作業

依頼主から送られてくるデータを入力していく作業です。

報酬は文字単価で支払われ、1文字あたり0.5円程度の安い金額が多いです。

データを入力して納品するだけの仕事なので、クラウドワークス初心者が取り組みやすい仕事内容となっています。

音声データの文字起こし

会議の音声データなどをPCで文字起こしする仕事です。

タイピング入力が得意な方にはおすすめの案件ですが、高額な報酬なので募集が殺到してしまいがちです。

報酬は1分50円程度で、1案件につき高額な報酬を得ることができます。

ライティング入力作業

依頼主から指定されたジャンルで、ブログ記事を入力する作業です。

専門的なジャンルで指定されるので知識も必要となりますが、納品のクオリティが高ければ継続的に仕事を依頼されることもあります。

報酬は、1,000文字程度の記事作成で500~1000円です。

ライティング初心者でもできるような案件もあるので、積極的にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

クラウドワークスの注意点

クラウドワークスはオンライン上でのやりとりのみで、ユーザーのプロフィール程度の情報しか得ることができません。

仕事の契約まではスムーズにできても納期に納品してもらえなければ意味が無いので、メールでのやりとりをこまめにして、信頼できる雇用先か見極める必要があります。

プロフィール欄が細かく記載されているユーザーがいれば、依頼したい内容を相談してみる価値はありそうです。

クラウドワークスの意外な活用方法

依頼主と雇用者のやりとりを行うクラウドワークスですが、依頼主同士や雇用者同士のやりとりも行うことができます。

依頼主同士のやりとりでは、優秀なユーザーの紹介や報酬金額の設定などの情報交換をしている方もいます。

一方、雇用者同士では仕事の相談や同じ案件の仕事をしている者同士で情報交換をしているケースもあります。

個人で仕事をしていてもコミュニケーションを大切にしている人は多いようです。

まとめ

クラウドワークスは仕事の成果として、しっかりと報酬が与えられるのでモチベーションを落とさずに活用している人が多いです。

仕事の進め方さえ覚えれば、あとは納期に合わせて作業をしていくだけなので、自分のペースで仕事が行うことができます。

依頼主は単純な入力作業や簡単なブログ記事を依頼することで、新たなビジネスパートナーを見つけることができます。

仕事を活性化される目的で利用してみてはどうでしょうか。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。