フリーランス

クライアントワークについて

クライアントワークとは、受注ベースの仕事のことです。

「納期が厳しい」「評価が厳しい」「単価が低い」といったイメージが強く、中にはやりがいが感じられないという人もいます。

決められた期間でクライアントの意向にそえる成果物を提出するには、プレッシャーがかかりますが、受注案件に答えようと努力することで、どんどんクオリティの高い成果物を提供することができます。

また、クライアントと波長が合えば継続して仕事を受注することも可能なので、安定した収入が見込まれます。

クライアントワークが苦手と言われるわけ

クライアントは圧倒的権力を持っているため、引き受けた以上は納期を守ることや、意向にそえる成果物を納品するのは当然のこととなります。

その上、たとえばホームページのデザインを引き受けた場合、クライアントの要望がセンスがないと思っても、アドバイスはできても否定することはできません。

また、ライターならクライアントから丸投げされる場合もあれば、マニュアル通りに書くように指摘されることもあります。

納品後に細かい修正を何回も要求される場合もあります。

そんなことが重なると気が重くなり、クライアントワークが苦手となってしまいます。

クライアントワークを味方につけるには?

クライアントワークの場合、一つのプロダクトに集中できる自社サービス開発と比べ、案件ごとにクライアントが違い、決められた納期も違います。

そんな中で、「クライアントの期待値を超える成果物を提供し続ける」といった目標を持ち続けると、どんな仕事も味方につけることができます。

クライアントワークは結果を出し続けなければならないといったプレッシャーがあるため、たとえば自分の専門分野の記事しか書かないというライターもいます。

しかし、あらゆる分野の記事にチャレンジをしていると、どんな記事もどこかでつながっていることがわかります。

また、ひとつの分野ににこだわると、フリーランスとして得られる収入が限られてしまいます。

まとめ

クライアントワークが、「低い単価で押しつけ仕事が多く、疲れるだけ」と悩んでいる人は、「専門分野でもないのに、この仕事を引き受けたことで仕事のジャンルが広がった」と思うようにしましょう。

例えば、カラーセラピストが、ホームページの作成会社の記事のライティングを受注し、トーン&マナーの記事を書いたことで、依頼した企業のホームページの作成依頼が大幅に増えたという実例もあります。

この例は、未知のジャンルにチャレンジしたことで、仕事の幅が広がった良い例といえます。

特に若いうちは興味がある分野には積極的にチャレンジすることをおすすめします。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。