企業

業務委託契約の問題やトラブル

業務委託契約とは、発注者が一定の業務を受注者に委託し、受注者が承諾して実際に業務を行う契約をすることを言います。

社内で処理しきれない業務を、業務委託契約によって外部の力を借りておこなう企業は、近年多くなりました。

どんなビジネスでもこういった契約で成り立っていますが、無用なトラブルを招かないためにも、発注者も受注者も業務委託契約について知っておくようにしましょう。

業務委託契約の問題やトラブル

法人業務を委託契約する場合によく知られているのが「システム開発」や「ホームページ制作」ではないでしょうか。

例えばホームページの制作などでは、制作会社と依頼者の間でトラブルが発生することは珍しくないようです。

制作会社での実務経験がある人ばかりでなく、趣味の延長でホームページ作成を請け負っている人も中にはいます。

そんな中で、安く作成できたが、品質が不十分ということもありえます。

委託契約する際には、事前に打ち合わせをおこない、双方が納得してから委託契約することが大事です。

請負と委任の違い

業務委託には「請負」と「委任」の2つの形態があります。

請負契約とは?

請負契約は、仕事の完成を目的とした契約のことです。

仕事を請け負った人は、成果物を引き渡すなど仕事を完成させる必要があり、仕事を完成させなければ、報酬を得ることはできません。

また、仕事の完成後に成果物に欠陥が見つかった場合は、やり直さなければなりません。

準委任契約とは?

準委任契約は、事務の処理を目的とした契約のことをいいます。

例えば、自社ホームページの日常的な保守管理業務をIT企業に委託する場合などは、準委任契約が締結されます。

また、事務を委任された人は事務処理をする義務を負いますが、仕事の完成義務は求められていません。

事務処理の結果が事務を委任した側の意向にそえなかった場合も、報酬を支払う必要があります。

まとめ

発注者と受注者は対等の立場であり、それぞれ自らの責任で契約を締結し、業務を遂行します。

どどちらかに不測の事態が起こったとき、話し合いによって解決できればベストですが、そうもいかないこともおこります。

そんなときに双方が合意した契約書があると、お互いに交渉しやすくなります。

業務委託契約は法律的効力はありませんが、発注者と受注者のトラブルを避ける効力があります。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。