企業

地方で起業するメリットとデメリット

企業を立ち上げる際にどこで起業するかによって、物件の費用や人件費は大きく変わってきます。

地方で起業する人は、年々増加傾向にあるようです。

地方創生政策の一環として、「創業者支援資金の貸付」などがおこなわれており、起業家への支援に力が入れられていることも一つの要因です。

しかし、若者の人口が少ないため、特別のスキルや資格を必要とする企業では、人材確保がより難しくなるのがデメリットといえます。

地方で起業するメリット

高齢化に伴い若者人口が激減している地方の自治体では、移住して起業する人をとても歓迎してくれます。

財政面や街の活性化を考え、無料で空き家を提供する地方自治体も多いようです。

都市部で起業するのに比べてランニングコストも抑えられ、人件費は都市部よりも3割程度安くなります。

地方自治体にもよりますが、補助金や助成金、ビジネス拡充のサポートなどの優遇制度を受けることもできます。

その他にも、事業税の課税免除措置などの優遇を受けられる場合もあります。

地方で起業するデメリット

地方経済は、「人手不足」や「既存企業の減少」といった問題点も抱えています。

地方で起業する人は、移住しようと思う地域の問題点を把握した上で、設立した会社の経営を軌道に乗せなければなりません。

また、トレンドは東京から発信されることが多いため、ネットなどで常にアンテナを張っていないと、発想が古臭くなる恐れがあります。

そのほかにも、切磋琢磨する機会や競争意識がなくなることもあるようです。

地方での企業が成功しやすい業種

地方での企業が成功しやすい業種の筆頭は、インターネット関係の仕事です。

インターネット環境さえあればデータのやりとりがおこなえるIT系の仕事は、地方でも成功しやすい業種です。

クラウドソーシングを活用して、プロジェクト型ビジネスを展開することも可能です。

また、日本の各地方には、その地方ならではの特産品や資源があります。

それらをウリにした新たな商品を開発したり、独自の産業を生み出すことで成功につながる可能性があります。

まとめ

業種によってはネット環境さえあれば起業することも可能になっており、住環境や地方独自の産業など、地方には都市部にはない魅力がたくさんあります。

地方で起業してみたいと考えている人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

地方での起業は大きな可能性を秘めており、今までの様々な経験が役立つはずです。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。