企業

首都圏で起業するメリットとデメリット

東京で起業するメリットは、世界のトレンド情報がいち早く伝わってくることです。

首都圏では企業の勉強会や交流会、セミナーが多く開催され、経営者と知り合える機会があります。

また、資格なども取りやすい環境にあるため、会社を経営しながらステップアップすることも可能です。

首都圏で起業するメリット

日本全国民の34%が首都圏に集中しており、東京は世界でも有数の都市圏です。

日本の政治経済の中心で、国会議事堂、内閣総理大臣官邸、主要省庁、最高裁判所を始めとした三権の中枢機関があります。

東京にはサービス業、卸売業、小売業、不動産業、通信会社、IT関連、広告代理店、人材派遣などの主だった企業の本社が多く置かれています。

起業する際には「どれだけ情報を持っているか」や「情報の取捨選択能力がどれくらいあるか」が企業の業績にかかわってきますが、都内と地方では情報量が格段に違います。

インターネット環境が整っていて、公共交通機関が発達している都内で起業をすると、直接クライアントと顔を合わせてミーティングなどが行えるのも強みです。

人とのつながりが仕事とのつながりとなり、会社が大きく育つ可能性があります。

起業家のための応援プラン例

東京商工会議所では、起業を志す人のためのサポートをしています。

起業するための手続きや公的融資制度について知りたいことの相談がおこなえます。

東京商工会議所と東京信用保証協会との提携融資制度「創業支援融資保証制度」なども設けています。

今後東京で成功できる職種とは?

ITエンジニアの人材不足から、やはりIT関連のビジネスは今後も右肩上がりになるとと予想されます。

また、Webを活用したビジネスは、老若男女を問わず仕事に携わることができるため、ますます需要が高まりそうです。

自治体では、女性やシニアに特化した助成金を出している所もあります。

首都圏で起業するデメリット

東京で起業することの一番のマイナス面は、物価や人件費の高さです。

賃料を抑えるためのレンタルオフィスなどの利用も増えてきましたが、それでも地方で起業を行うのに比べればコストは高くなります。

その上、今後30年以内に70%以上の確率で起きるかもしれない東海大震災や、首都直下型地震によるダメージから、オフィスを地方に移転している企業も多いのが現実のようです。

まとめ

東京で起業するか地方で起業するかは、本人の資質や性格によって違います。

社交的で、アクティブな人が地方で起業した場合、月や星の美しさより都会独特の喧騒感が恋しく、また東京に戻ってくることが多いようです。

それぞれの魅力があるので、法人を名乗るにあたっては、自分を客観的に見るのもいいかも知れません。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。