企業

アルバイトを採用するメリットとデメリット

アルバイトとは 本業や学業のかたわら、収入を得るために仕事をすることを言います。

正社員が同じ事業所に長時間雇用されるのに比べ、一般的にアルバイトは短い労働時間です。

法人がアルバイトを採用するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

アルバイトを採用するメリット

人件費を抑えることができる

正社員だと、忙しくても忙しくなくても、毎月同じ給料を払う必要があります。

しかし、アルバイトは時給で雇えるため、忙しいときは詰めて入ってもらったり、そうでもない時はシフトの間隔をあけるなどの調節ができ、人件費を抑えることができます。

正社員や契約社員など比較すると時間単価が低いため、優秀なアルバイトなら会社にとって大きな利益を上げることになります。

繁忙期だけ雇うことができる

忙しい時期や時間だけ不定期に雇うことができます。

繁忙期の1ヵ月だけ募集するなど、スポット的に雇える柔軟さが、アルバイトを採用するメリットといえます。

アルバイトの雇用保険について

雇用保険は、個人事業主と法人の区別なく、一定の要件を備えた従業員を雇うと、加入手続きをする必要があります。

事業主の立場からすれば、大きな負担となりますが、短時間で短期間のアルバイトなら加入手続きをしなくてもよい場合もあります。

ただし、アルバイトでも、1日または1週間の労働時間、および1ヵ月の所定労働日数が、通常の労働者の4分の3以上あれば加入する必要があります。

アルバイトとパートの違いは?

アルバイトとパートという呼び方に明確な定義はありませんが、アルバイトは学生やフリーターが中心で、パートは主婦層が中心といったイメージが強いようです。

アルバイトは勤務日や時間帯がシフトによって毎月変動し、パートは毎月の勤務日と時間帯が固定されているという働き方の違いがあります。 

アルバイトを採用するデメリット

どんな優秀なアルバイトも入れ替わる

学生のほとんどが,長期間働き続けることを前提としていません。

仕事に慣れてもらった頃に入れ替わるために、何度も人員を募集し、教育する手間がかかります。

休みの調整が難しい

学生はアルバイトよりも勉強が優先となるため、繁忙期にテストの時期が重なると、あてにできないこともあり、仕事が予定通りに進まないこともあります。

アルバイトを募集する方法は?

アルバイトを募集する方法は、ハローワークの活用やインターネット求人サイトに求人情報を掲載する方法、フリーペーパーなどに求人情報を掲載する方法があります。

まとめ

アルバイトを雇うメリットは、忙しい時期や時間だけ不定期に雇えるので、人件費を抑えることができます。

デメリットとしては、他に効率の良いアルバイト先があれば辞めてしまうことや、勉強の都合や就職活動などで入れ替わりが激しいことです。

双方ともにメリットがあるような雇い方を考えましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。