企業

プロジエクトマネージャーとは

project-manager

プロジェクトマネージャーとは、主にIT業界でのプロジェクト進行の管理者のことを言います。

現場全体の管理をおこなうマネージメント職で、業務内容は多岐にわたるため、エンジニアとしての知識だけでなく、経営に関する知識やコミュニケーション能力も求められます。

一般のサラリーマンの年収が平均500万円くらいですが、プロジェクトマネージャーの年収の平均は約600万円くらいと言われています。

中には1,000万円越えのプロジェクトマネージャーもいる、実力第一の業種のひとつです。

projectmanager

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーは、システム開発分野のリーダーです。

エンジニアとしての能力に加えて、マネージメント能力やコミュニケーション能力、経営者としての能力も必要となります。

プロジェクトマネージャーの仕事内容の流れ

  1. 仕事内容や予算、スケジュールなどの確認をおこないます。
  2. 現場のシステムエンジニアやプログラマーが開発するにあたっての大枠の計画書を作成します。
  3. さらに設計書の内容をチエックし、システムエンジニアやプログラマーと打ち合わせを重ね詳細設計書を作成します。
  4. 出来上がったシステムをテストし、問題点や改善点を探り出します。
  5. システム担当者や業務担当者と連携しながら完成を目指します。
  6. 実際に社内でシステムを導入し、支障がないかを確認します。

プロジェクトマネージャーの需要について

多くの企業では、ITによる商品開発や経営管理が必須となっています。

優秀なプロジェクトマネージャーがいる企業は、コンスタントに業績を伸ばしていきます。

事業のさらなる発展のため、プロジェクトマネージャーの採用に積極的に動いている企業は増えています。

また、即戦力が期待できる派遣社員のプロジェクトマネージャーの需要も高まっています。

企業によっては自社でITによる商品開発をおこなわず、IT関連のプロ集団のいるベンチャー企業に依頼することも多く、今後ますますプロジェクトマネージャーは必要とされるようです。

projectmaneger2

まとめ

優秀なプロジェクトマネージャーがいれば、プロジェクトは成功し会社の業績は上がります。

企業のIT化がどんどん進む中、プロジェクトマネージャーの需要も右肩上がりです。

しかし、どんな仕事もそうですが、実力と結果がものを言う仕事です。

プロジェクトマネージャーの仕事は、エンジニアとしての知識がありながら、マネージメント力やコミュニケーション能力、経営者としての考え方など、総合的な能力が求められます。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。