企業

融資や助成金について

企業を立ち上げた当初は資金が必要ですが、助成金や補助金制度について知っておくと、銀行融資などと違って返済義務がないため、かなりのメリットが得られます。

企業、民間団体、個人、自治体などの事業者が助成金や補助金制度受けることができますが、一定の条件を満たす必要があります。

融資と助成金や補助金について

融資は借りたお金なので返済義務がありますが、助成金や補助金は原則として「もらえるお金」です。 

それでは、「一定の条件」とはどいういことなのでしょうか?

助成金の内容は毎年違い、ある程度社会貢献を伴う必要があります。

また、助成金も補助金も後払いのため、事業を始めて実績報告を行った後に、交付されるため、自己資金は絶対必要となります。

法人の融資による資金調達について

法人が事業資金を調達する一般的な方法として金融機関からの借入です。

銀行の融資制度には、「プロパー融資」と「信用保証貸付」という2種類があります。

「プロパー融資」は、将来性や実績、返済能力があると認められた場合のみ利用できる融資制度です。金利が低いものの審査が厳しい傾向にあります。

「信用保証貸付」は、信用保証協会が企業の融資の信用性を担保してくれる融資制度です。審査が通りやすいものの保証料がかかります。

公的な金融機関としては「日本政策金融公庫」があります。

政府系の金融機関のため、1~2%の低金利で借入ができますが、金利が低い代わりに、提出書類が多く審査が長くかかる上、審査の条件が厳しくなります。

助成金と補助金の違い

助成金は、受給要件を満たしていれば、申請を行うとほぼ全員受け取ることが出来ます。

一方補助金は審査があり、その事業が社会の役に立ち、成長する見込みがあるかどうかを検討した後、広告費や開発のための研究費などの不足分を補助してもらえます。

助成金や補助金の財源は?

財源は税金ですが、特に助成金の財源は雇用保険料の一部なので、起業すれば必ず雇用保険料を納めるため、権利とも言えます。

国や自治体は優良な企業が増えると税金も多く収めてもらえるので、慈善事業でおこなっているわけではないのです。

助成金は厚生労働省管轄で、補助金は経済産業省管轄といったイメージですが、申請資格は、それぞれの都道府県や市区町村に事務所を持つ中小企業者や個人事業者なので、地域の制度を理解しておく必要があります。

まとめ

助成金や補助金は、地方自治体が個人や中小企業経営者の事業を支援するために設けられた制度です。

助成金や補助金を利用するには、一定の条件を満たす必要があり、必ずしも経費の全額が補助金や成金でまかなわれるとは限りません。

しかし、融資と違って返済義務がないため、立ち上げたばかりの法人にとってはとても助かる制度といえます。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。