企業

コスト削減する方法

会社を経営する上では、様々なコストがかかります。

企業を存続するには売上を上げることは重要ですが、コストを見直すことも大事です。

しかし、必要な経費も削減対象にすると、会社の存続や発展に悪影響を与えてしまいます。

まずはできることからはじめてみましょう。

効果的な経費削減対策

固定費は、売上が多くても少なくても一定の費用が発生します。

固定費を洗い出してアウトソーシング(外注)することで、経費の削減も可能です。

また、節税のためにはプロの税理士に依頼すると、無駄に払っていた税金を見直すことにもつながります。

かなりの部分をアウトソーシングすることは、実はコスト削減につながるのです。

人件費を見直す

営業に費やす人件費は、かなりのコストとなります。

魅力的なホームページを作成することで、営業力を上げることができます。

人による営業は確かに魅力がありますが、多くのユーザーは、まずインターネットを見て、依頼したいことや購入したいものなどを選ぶ傾向にあります。

トーン&マナーが調和のとれたホームページは、営業マンの役目をしてくれます。

そうやってひとつひとつを検討することが経費削減対策につながります。

ペーパーレス化を進める

ペーパーレス化の大きなメリットのひとつに、紙代や印刷代のコスト削減があげられます。

プリンターのメンテナンスや電気代まで節約することができます。

その上、書類を保管するファイルや棚も必要がなくなります。

経理上では、領収証の保管期間は7年と決められていますが、その期間分の保管スペースがいらなくなります。

紙の書類は、紛失や盗難の恐れがありますが、データ化された書類をクラウド上に保存しておけば、パソコンや自社サーバーが故障しても復元することができます。

領収書、見積書、請求書の電子化

領収書は、必ずしも紙で発行する必要はありません。

PDFファイル等の電子データで送信したり、WEB上の各種領収書発行サービスなどを利用すれば紙代、郵送代がかかりません。

また、5万円以上の領収書を発行する場合は、収入印紙を貼付する必要がありますが、その必要もありません。

見積書や請求書も、基本的にPDFファイル等の電子データで送信できます。

まとめ

今まで何気なくやっていたことを、ひとつひとつを検討することが、経費削減対策につながります。

経費削減は売上増加と同じように行うことが会社経営にとって重要です。

無計画な経費カットは必要な経費も削減することになりかねないので、ポジティブで合理的な方法でコストカットを行いましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。