企業

社用車について

法人が車を購入する際に法人名義で社用車を購入すると、会社にとっての必要経費として計上することができ、課税額を減らすことができます。

法人が車を事業用として購入する際は、法人の名前で登録しましょう。

個人名義の車を、法人名義に替えることも可能です。

個人で使用する場合とは違ったメリットもあるので知っておきましょう。

法人名義の車を所有するメリット

法人名義の車を所有すると、ガソリン代などの維持費を経費として計上できます。車にかかる費用には以下のようなものがあります。

  • 購入費
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 消費税
  • 自賠責保険料
  • 車検代
  • ガソリン代

個人名義の場合は、すべて所有者が支払う費用ですが、業務上必要な車であれば経費として計上できます。

法人名義の社用車の税金は自家用車に比べて低減されますが、車検やガソリン代の費用は、個人名義と同等に扱われます。

しかし、税金やガソリン代が年間にすれば10万円くらいは出費を抑えられることができます。

自家用車を社用車に変更できる!

今まで自家用車として使っていた車を、社用車に変更することで節税できます。

ただし、個人名義から法人名義に登録し直す必要があります。

確実に自家用車を社用車に変更するには、個人から法人に売却する形をとることです。

法人名義の車を所有するデメリットは?

法人名義ならではのメリットも多いのですが、デメリットもあります。

法人名義の車を購入する際、減価償却によって損をする可能性もあります。

ちなみに新車の場合、普通自動車が6年、軽自動車は4年が耐用年数です。

中古車の購入やカーリースのメリット

法人名義で車を購入するのであれば、新車よりも中古車から選ぶのがおすすめです。

新車登録から3年10ヵ月以上が経過した中古車を購入すると、1年間で購入費用を全額減価償却できます。

また、カーリースを利用する方法もあります。

カーリースは、月額料金を支払うことで車を所有できるシステムです。

まとめ

社用車として車を購入する場合は、新車登録から3年10ヵ月以上が経過した中古車を購入するのがもっともベストといえます。

自家用車を社用車にする方法や、カーリースする方法もあるので自分にとって都合の良い方法を選びましょう。

もし、事業用と私用の両方で社用車を利用する場合は、税務調査によって指摘されるケースがあるので気をつけましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。