企業

企業が請負契約をするメリットとデメリット

Advantages-and-disadvantages-of-companies-subcontracting

請負契約とは、成果物の完成を約束した「成果報酬型契約」のことをいいます。

請負契約の場合、企業側は発注のスケジュールやコストが明確なため、指定した一定基準の成果物を入手することができます。

納品後の修正にも応じてもらえるので、一定の品質を保つことができます。

請負契約の形態について

働き方や契約形態を表す際に、「業務委託」という言い方がよく使われますが、法律上では、「業務委託契約」という名称の契約は存在しません。

「請負契約」と「委任・準委任契約」の2種の契約が正式契約名です。

この2種の総称として「業務委託契約」と、呼ばれています。

企業側にとっての請負契約のメリットとデメリットは?

企業としては、期日内に指定された成果物を完成させて、納入する取り決めをすることで、安心して外部委託することができます。

受注者には完成させる義務と、納品後の修正に応じる責任があるため、もし受注者が途中で仕事を放棄した場合、依頼主は責任を問うことができます。

また、外部の専門のスキルを持った人材に必要な期間だけ請負契約をすることで、人件費を抑えることができます。

デメリットは?

例えば、クラウドソーシングなどを通して外注に出す場合、デザイナーやプログラマー、ライターなどは、玉石混交とも言えます。

当たりはずれがあると言ってしまえばそれまでですが、発注する前に過去の経歴や資格の有無などについても調べておく必要があります。

クラウドソーシング上で大多数のクライアントの評価がよくても、実際に依頼したところ、企業側の意図する人材でない場合もあります。

そんな場合は、何回も打ち合わせをしなければならず、かえって時間をとられ、発注者も受注者もモチベーションが低下し、成果物の品質が悪くなる恐れもあります。

契約する前に波長が合うかどうかを確かめておくことも大事です。

「請負契約」と「委任・準委任契約」の違いについて

請負契約の対象は、完成品の納品であることに対し、委任・準委任契約の対象は、業務の遂行であることです。

請負契約が成果物の完成を約束した成果報酬型契約であるのに対し、委任・準委任契約は、発注者の指定した期間内に指定の業務を遂行することを約束し、その労働期間に対しての報酬が受注者に支払われる契約です。

まとめ

企業が請負契約を外部委託する場合、期日内に成果物を完成させて、納入する取り決めをすることで、安心して発注することができます。

クラウドソーシングなどを通して、企業が様々な仕事を外注することが増えていますが、顔を見ずにする仕事なので「こんなはずではなかった」と後悔しないように、事前にコミュニケーションをしっかりとっておくようにしましょう。

お問い合わせ

オンライン上で契約・発注・請求がおこなえるフリーランスマネジメントシステム

improの導入については下記ボタンよりお問い合わせください。